YouTube動画の種類と動画作成の注意点

 

YouTube動画について

YouTubeは優れたところは、YouTube自体がキュレーション検索サイトでもありながら、一人起業家であれ小学生であれ、誰でも自らが動画を撮影してアップロードすることができる。まるで自分のための放送局を持っているようなものだし、しかもインターネットにつながる道具さえ持っていれば、いつでもどこでもYouTubeを無料で使用することができる。

YouTubeへの参入障壁が低いからといって、あなたがYouTubeを有効に使いこなせるかどうかは話が異なる。そこでこのブログ記事では、YouTubeにはどのような動画の種類があるのか、どのように動画を作成すればよいのか、動画作成の注意点について、わかりやすくまとめてみる。

 

 

アップロードする動画の種類

YouTubeで作成する動画の種類には3パターンにまとめることができる。このパターンを認識して動画を作成するかどうかは、動画作りが趣味であるという方には何ら問題ないが、YouTubeで広告収入を得ようとする方やYouTubeを販促ツールとして有効活用しようという方にとっては極めて重要なことになる。まずは動画の種類として次の3パターンを理解しておこう。

  • プレゼンテーション型動画
  • セミナー型動画
  • テロップ型動画

 

プレゼンテーション型動画とは

パワーポイントなどソフトで作成した資料をPC画面に投影し、その内容についての解説を適宜行った音声を収録したパターン。資料の内容に音声解説を加えることで、ただ単に資料を読んでもらうのよりも伝わる量と範囲が増える。

 

セミナー型動画とは

セミナーを撮影した動画を放映するもの。適宜テロップや効果音など編集し、視聴者の理解度を高める工夫をした加工も可能である。カメラを前に姿を映した桃にすることで、視聴者の親近感が湧き、信頼関係も構築しやすくなる。

 

テロップ型動画とは

YouTubeアフィリエイトを行う動画に多いパターン。静止画上に文字テロップを流し、芸能情報などのトレンド記事を紹介していくことが多い。記事が動くことで、静止画的なニュース記事よりも読まれやすいものになる。

 

 

便利な動画作成ツール

YouTubeの動画は、使用する機材性能が日夜進化しているため、例えばお手持ちのスマフォ、デジタルカメラ、入門レベル一眼レフカメラ、いずれの機材であっても十分な画質クオリティの動画を撮影することができるようになり、非常に敷居が下がったツールになっている。

スマフォを使用するのであれば、100円ショップで販売されている三脚を購入すると便利になる。動画の編集もスマフォに内在の機能または無料アプリをダウンロードするだけで十分である。Windowsユーザーであれば、AGデスクトップレコーダーやWindowsムービーメーカーがいずれも無料で使用できる。また、Macユーザーであれば、QuickTimePlayerやiMovieが無料で利用できる。

このように、すでにお手持ちのツールや無料アプリ・無料ソフトを使用することで、誰でもいつでも簡単に独自の放送局を開設することができるようになった。YouTuberはあくまで事象の一端をしか見ていない言葉であり、誰もが全世界に向かって破格値で情報を発信できる時代になったということが押さえるべき肝の部分である。

 

YouTube動画作成の注意点

YouTubeの動画を作成する場合、どのような点に注意すればよいのだろうか。この記事では、趣味で動画作りに勤しむ人向けではなく、動画を使って販促や集客、顧客との信頼関係を築くことに主眼を置いている方向けのアドバイスを行う。YouTube動画作成を作成する際の注意点は、次の3つの点だけに配慮するとよい。

  • 画質よりも音質を重視する
  • ひとつの動画でひとつのテーマを伝える
  • 動画のクオリティよりも更新頻度を重視する
  •  

 

 

まとめ

以上にように、YouTubeには様々な動画の型があり、機材も日進月歩で進歩するだけでなく無料化されてきている。動画と聞けば一時期はプロフェッショナルに委託するものという時代があったが、もはや私たち個人が十分に使用することができるようになった。動画はプロの専売特許ではなく、私たち一人一人の手に委ねられるようになり、YouTubeへの参入障壁はほとんどなくなった。

さらに重要なのは、ありとあらゆるメディアが流行しては消えていくというサイクルを描く中、どうやらYouTubeはこれに当てはまらないと考えられていることである。YouTubeはGoogleの傘下にあり、Googleの検索機能に代替されるものと指摘されている。実際、Googleの検索結果には、YouTube動画が上位表示されるようになっている。この傾向はますます激しくなるだろう。YouTubeなくして、私たちの販促活動はあり得ない時代が到来したのだ。

 

関連記事

  1. YouTube動画の再生回数の伸ばし方【初心者向けYouTube S…

  2. YouTubeパーナープログラムが与えた影響

  3. ビジネスYouTuberがビジネスで儲ける稼ぐには最適な理由【2…

  4. Buzz VideoをYouTubeと比較してみて判明した衝撃内容

  5. 再生回数が上がる!YouTube視聴者の流入比率を公開

  6. 初心者はBuzzVideoの方が YouTube よりも稼げる 3 つ…

  7. あのYouTuberが教えてくれた「稼ぐ副業ビジネス」成功法則【You…

  8. 【YouTube動画の再生回数の増やし方】イス取りゲームを制する者か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)