ひとり起業で失敗しないビジネスのつくり方

 

ひとり起業で失敗しないビジネスのつくり方とは?

 

ひとり起業で失敗しないビジネスのつくり方

 

個人起業家が急増している。社会の悩みは時代背景を反映するものだ。ビジネス規模の大小は問わず、商いを営むにとっておのずと次のようなお悩みが寄せられるようになった。

 

「ビジネスを始めたいけど、何から手を付けたらよいのかわからない」
「これまで色々とビジネスを試してみたがうまくいかなかった」
「失敗しない方法が分かっているなら教えてほしい」

 

このように、どうすればよいのか毛頭からわからない方、試行錯誤するもビジネスがうまくいっていない人もいる。だが一方、見事にチャンスを射止め、ビッグビジネスに成長させている方もいる。

 

 

うまくいくビジネスのあり方とは

何が違うのか?どのような教訓が得られているのか。成功者の言説から、うまくいくビジネスの要点を得てみよう。

ビジネス全般において、結果を出している成功者のビジネス手法にある一定の法則がみられるようだ。たとえば、かの有名なホリエモンこと堀江貴文は、ビジネスを成功させるためには、次のポイントを押さえることが重要であると指摘している。

①初期投資が少ない

②利益率が高い

③在庫を持たない

④収入が安定している

 

ひとつひとつ解説してみましょう。

 

①初期投資が少ない

とりわけ個人起業家にとって初期投資の壁は高い。費用の捻出が困難であるから投資に踏み切れない事例も多い。

これに対して、インターネットビジネスの場合は事情が変わってくる。というのも実店舗を持つ販売ビジネスとは異なり、インターネット介してビジネスを立ち上げる場合は導入コストが圧倒的に少なくなるからだ。極端な場合、いろいろな無料ソフトやアプリを利用しながらパソコン一台とサーバ費とドメイン費用くらいを捻出程度でビジネスをスタートすることも可能だ。

これは個人起業家が参入する障壁が低いことを意味し、ビジネスがうまくいかなかったときのリスクが少なくなる。

 

②利益率が高い

世の中には有形無形の商品が販売されているが、とりわけインターネットビジネスにおいては動画やPDFデータなどの在庫としてかさばらない商品や原価のほとんどかからない商品で商売をすることができる。利益率が80%や90%を超えるような従来では考えられない高利益率の商売が可能となる。たとえば、情報商材はその最たるものである。

 

③在庫を持たない

数年前に無在庫転売という手法が流行して注目を浴びたが、メルカリなどの規制により廃れていった。ただこのように在庫を持たない販売手法は個人起業家にとって相当のリスク回避となっていた。オーダーメイド型の生産手法からはじまり、情報商材のような無形の電子型商品であれば、在庫のリスクもなくなっている。

 

④収入が安定している

情報商材などの無形商品の形であれば生産リスクや仕入れ原価リスクもほとんどなく収支が比較的安定しやすい。またインターネットビジネスの場合、販売手法を仕組化することにより顧客の購買の促進の目途が計算しやすく収入を安定しやすいビジネスモデルを構築することが可能である。

 

これらがホリエモンの指摘する現代ビジネスの成功鉄則である。これに加えて、筆者独自の見解も加えてみようと思う。私はこれらホリエモンの指摘に加え、さらに3つのポイントを追加できると考える。

 

⑤日本全国・全世界を対象とする

インターネットを介在する販売手法は、通信販売であれ、いわゆるインターネットビジネスであれ国境を超える越境型のビジネスを行うことが可能である。そうするとビジネス顧客となる対象は日本だけにとどまらず
全世界の住民が顧客対象となり商圏は大規模なものとなる。

日本語だけにとどまらず、英語や中国語を駆使する能力があれば数十億規模の対象者とビジネスを行うことができるようになる。現在ではGoogle翻訳の精度も高まっており、しかも無料で使用することが可能である。
これを利用しない手はない。

 

⑥24時間365日の営業時間がある

インターネットを利用した販売手法には時間概念にも制限がない。ビジネスを仕組化することができれば、あなたが寝ている間にも商品が販売され、起床した時には売り上げになっていることもある。もしあなた自身が営業マンとして活動しなければならないのであれば、仕事時間を確保するには物理的な制限は大きいだろう。やみくもに働くことも可能であるが、精神的にも身体的にも悪影響を及ぼすことがありうる。こうしたことを回避できるのもネット販売の強みである。

 

⑦取り組みに再現性がある

ビジネスを安定化させるには、販促活動に法則性を見出すことが有効だ。ここでいう法則性とは再現性があることを指す。AならばB、CならばDというように同一条件下であれば誰がそれを行っても同一の結果が導かれる手法であればビジネスは極めて安定化する。比較的インターネットビジネスは再現性の強い手法が編み出されている。

 

 

まとめ

失敗しないビジネスを行うためには、上述のポイントを押さえたビジネスモデルを作成するのが近道です。情報化社会となり各種情報が入手しやすくなっています。ここでもまとめたように、再現性の高い内容を模倣することがビジネスを成功させるための近道となります。どうしたらよいのか分からないという場合、上記の①から⑥のうちひとつでもいいのでそのポイントを押さえたビジネスを進めてみることをお勧めします。難しく考えず始めてみることがポイントですよ。

関連記事

  1. Facebookの外部リンク削除問題

  2. Facebookで記事を拡散する非公表の丸秘テクニック

  3. 300年超の歴史のあるリストマーケティング

  4. 中国政府発表!ブロックチェーン評価指数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)