【驚愕】YouTubeがGoogle検索結果を支配する|Google検索におけるYouTube動画表示ランキングの定量分析

【驚愕】YouTubeがGoogle検索結果を支配する|Google検索におけるYouTube動画表示ランキングの定量分析

もしあなたがインターネット上で動画で何かを訴求する必要があるならば、YouTubeを使わないと圧倒的に損をします。なぜなら、YouTubeがGoogle検索結果を支配しているから、そして世界No.1のGoogleから最も優遇されているのはYouTubeであるからです。

*******

だとすれば皆さんは、このことを納得し、裏付けるために、本当に「Google検索においてYouTube動画が圧倒的に上位表示されているのか?」というところをしっかりと確認したいですね。

*******

お任せください、全て解明しましょう。この動画では、ある会社の定量調査の結果、明らかになった驚愕の事実をシェアします。最後までご視聴いただき、YouTubeの真の底力をご確認ください。YouTubeに対するあなたの関心度は劇的にアップすると思います。

*******

こんにちは。金の盾を持つYouTubeコンサルタントの神木翔です。

Googleの検索窓にキーワードを入力して検索すると、検索結果が表示されます。検索結果には、動画がカルーセル表示されるのをお気づきでしょうか?ここに表示される動画のほとんどが、YouTube動画なのです。

YouTube動画の検索結果における支配力はどの程度のものなのかと問われてもなかなか答えることが難しいでしょう。この動画を見終えると、この問いに明確にことえることができるようになります。それでは詳しく検証していきましょう。

*******

まず最初に紹介しておきたい検証データがあります。それは2020年6月14日のウォール・ストリートジャーナルの記事です。この記事はGoogleの検索結果にYouTubeの強力な優位性を指し示すことを立証するとても大切な調査結果を公表しました。

「検索210万件と動画76万6000本を調査したところ、Googleの検索結果の1ページ目に表示される動画カルーセル全体の94%をYouTube動画が占めており、競争の余地はほとんど残されていない」ことが判明したのです。

要するに、Googleの検索結果をYouTube動画がほぼ独占しているという指摘です。これは従来、感覚論的にそうだろうという指摘をデータで裏付けるもので極めて重要かつ驚愕の内容だと思います。神木も予想していたことではありますが、これほど独占状態が示されるとはびっくりしました。

https://www.wsj.com/articles/google-steers-users-to-youtube-over-rivals-11594745232

*******

ちょっと待ってください。ここでひとつ疑問が残ります!というのは、YouTube動画がほぼ独占しているということが理解できましたが、残りの動画は何の媒体の動画なのでしょうか?

ここで注目すべきなのが、MOZ社による研究結果です。MOZ社は2020年10月初旬にキャプチャされた200万を超えるGoogle検索結果のデータ(米国)を利用し、検索結果1ページ目のカルーセル分析25万件以上の結果を調査しています。

このMOZ社の調査では、動画結果のカルーソルは3つ表示されるものを全て調査し、YouTube動画がどのくらい支配的なのかを検証し、内訳を示しています。

https://moz.com/blog/youtube-dominates-google-video-results-in-2020

*******

この表をご覧ください。この結果はGoogle検索において「投資家になる方法」というワードの検索結果を示しています。各カルーセルにおけるYouTube動画が表示された割合は、(1)94.1%、(2)94.2%、(3)94.2%と非常に一貫していることが判明しています。

Khan AcademyとFacebookの動画も表示されるに至りましたが、明らかに、1番目と2番目、3番目のシェア率にあまりにも大きな隔たりがあります。YouTubeのプレゼンスは10スロットすべてで94.1%から95.1%までしか変化しませんでした。

*******

カルーセルで表示されたすべての動画上位10サイトは内容は次のとおりです。

YouTube(94.2%)

カーンアカデミー(1.5%)

Facebook(1.4%)

マイクロソフト(0.4%)

Vimeo(0.1%)

Twitter(0.1%)

Dailymotion(<0.1%)

CNBC(<0.1%)

CNN(<0.1%)

ESPN(<0.1%)

*******

先の例のようにビジネスネタではなく、日常生活のネタでは結果は異なるのでしょうか?この点もMOZ社が解明してくれています。そこで「パントリーの整理方法」の検索結果の分析を見てみましょう。

「パントリーの整理方法」の検索結果45,000件を超えるものの、各カルーセルの上位3つの動画サイトの内訳は次の表の通りです。

この結果は「投資家になる方法」よりもYouTube動画の占有率が高かく97〜98%を占めていたことを示しています。Khan Academyが2位になり、Microsoft(具体的にはMicrosoftサポートサイト)が3位に入りました(ただし、3つのスロットすべてで1%未満)。

*******

Google検索結果におけるYouTube動画の独占度合いについてとても深くご理解いただけたと思います。MOZ社はさらに考察を深めており、一時的な検索結果にとどまらないように経過観察も行なっています。その結果がこの表になります。

YouTubeの優位性は2020年を通して揺るぎないものとなっており、92%から95.3%の範囲をカバーしています。言わずもがな、YouTubeの優位性は立証されたと言えます。

*******

こうした結果は、GoogleがYouTubeを子会社として保有していることから避けられないのかもしれません。ここで重要なのは、少し過去の話になるとはいえ、将来的にネットのトラフィックの検索結果の8割を動画が占めると予想されるとGoogleの副社長が述べていることです。

私たちのネット情報の検索のほとんどをGoogleに依拠しているという事実もあります。もしあなたがインターネットで情報を発信する立場であるならば、Google上に情報が掲載されないのであれば、あなたの情報はネットに存在しないのと等しいことになります。まして、将来的に動画がネット上の存在のほとんどを占めるのであれば、YouTubeを使わないのであれば、あなたの動画の存在は、無いに等しい扱いとなってしまいます。

*******

ここで少し面白いお話をします。アルゴリズムを面白おかしく扱うならば、次のようなコードが本当に存在するのではないかと思わされます。

IFサイト= ‘YouTube’THENランキング= 1

該当のサイトがYouTubeのものならばランキング1位とする。皮肉なことに、この真実性は、上記の検証結果からほぼ妥当な内容ということも言い過ぎではないと思います。

*******

YouTubeは利用する人は世界でも日本でも多い。だが、YouTubeで情報発信をする人は一気に少なくなります。ネット上に存在する立場になるのか、存在しない立場になるのか、YouTubeを中心とする動画の利活用に全面的に依拠していると結論できます。さぁ、YouTubeを始めよう!

以上、神木翔でした。

 

▼▼▼

皆さん、こんにちは。神木翔です。現在私は、170万人を超えるYouTubeチャンネルを運営する実績を持ちまして、YouTubeストラテジストとして皆様に役立つと思う情報発信を行なっております。

特に私のようにチャンネルとゼロから立ち上げていこうと思われている初心者の方に有益な情報を発信していきます!

→チャンネル登録お願いします💕

https://www.youtube.com/channel/UCZWihQow9jGz1dlMQo3ZXMg/?sub_confirmation=1

●この動画と一緒に見ていただきたいもの

YouTube動画100本投稿の真実|米国検証論文の結論を公開【YouTube SEO: Reverse Engineering YouTube Search】https://youtu.be/5NQ3A9hGxkg

【YouTubeの始め方】誰でも簡単にチャンネルと動画のコンセプトを作れるようになる「魔法の質問7選」を大公開 https://youtu.be/g1uL6s5oFf4

●超おすすめ動画

YouTubeアルゴリズムはこの7割だけを理解すれば完璧!|Google論文が解き明かすYouTubeアルゴリズム7つの要点

https://youtu.be/XC3Juq3Qgkw

YouTube動画の再生回数が伸びない理由【初心者YouTuberのお悩みをズバッと解決】

https://youtu.be/-WyL58tROr0

ーーーーーーーー

●神木翔の略歴

”心の底から大好きなこと”をYouTubeで発信し、将来的に”ビジネス”や”広告収益”につなげてみませんか?

YouTube歴10年以上・100万人超え登録チャンネル運用者が、夢・希望・未来が叶うYouTubeライフの実現を伴走支援!

”あなたの魂が共鳴する”ビジョン資産型YouTubeチャンネル構築アカデミー

 主宰:神木 翔(かみき・しょう)

運用YouTubeチャンネルを1,700,000人超えの登録者まで育成。

現在はパパYouTuber&コンサルタントとして活動中。

東証一部上場企業ではダイレクトレスポンスマーケティングの受諾運用を10年経験。

公私共にインターネットビジネスの最前線を体験し、

大企業から中小企業、個人事業主のデジタルマーケティングを支援する。

プライベートセミナーの開催はもちろん、

わずか6ヶ月の経験を経て大手有名カルチャースクールにて登壇デビューに至る。

ーーーーーーーーー

▶︎各種メディア

▶︎▶︎▶︎公式HPサイト神木翔@オフィシャルサイト

https://sakakism.com

▶︎▶︎▶︎公式Twitter

https://twitter.com/kamikishow

▶︎▶︎▶︎プロデュースYouTubeチャンネル登録者数1,700,000人突破!

https://www.youtube.com/c/nanokano

#YouTubeアルゴリズム

#YouTube SEO

#神木翔

———————–

関連キーワード&この動画を届けたい人たち

独立,起業, 起業塾 ,開業, 会社員,会社員 女性,仕事 探し,仕事 辞めたい,好きを仕事に ,資格,自宅サロン,サロン経営,女性起業,女性起業家, ママ起業 ,コンサルタント,心理カウンセラー,フリーランス女子 ,セミナー,セミナー 講師,セミナー 福岡,起業塾,女性,営業,自由な生活, 起業女子 ,女性起業家応援,女性起業家 オススメ,サロネーゼ ,おうちサロン, おうち教室 ,主婦,主婦 ジョブ,女社長 ,心理学,心理学 講座,心理学 動画,心理学 本,心理学 資格,心理学 仕事,脳科学,脳科学 本,クロージング,営業心理学,バックエンドセールス,エピソードトーク,反論処理,紹介営業,売れる営業,自分磨き,自分に自信がない,自分を変えたい,やる気が出ない,コミュニケーション能力,プレゼン,企画,商品企画,PR企画,動画企画,YouTube動画企画,YouTubeチャンネル企画,

———————–

関連記事

  1. YouTubeショートの戦い方|TikTok vs YouTube v…

  2. 【YouTubeアルゴリズムの評価指標】動画検索順位を決める8つの…

  3. YouTubeアルゴリズムの変遷|視聴回数、総再生時間、エンゲー…

  4. YouTube初心者が目標にすべき3つの指標 【現役パパYouTu…

  5. 人気YouTuberから学んだYouTubeの再生回数を上げる6つの方…

  6. 神木翔のオフィシャルYouTubeサイト

  7. YouTubeを始めたい人が知っておくべき、うまくいかない6つの誤解

  8. YouTube動画の再生数を上げる:YouTubeのライバルが動画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)