YouTubeアルゴリズムの変遷|視聴回数、総再生時間、エンゲージメント、「CX」という視点

 

YouTubeアルゴリズムの変遷|視聴回数、総再生時間、エンゲージメント、「CX」という視点

この動画をご覧いただくと、現在YouTubeアルゴリズムが何を大切にしているのか、だから私たちは何を重要視してYouTubeチャンネルを運用すべきなのかを理解することができます。

ズバリ言いますと、視聴者の「CX」を満たそうということが大切なのだということです。

それでは、この「CX」とは一体何のことか?絶対に続きの動画をご確認くださいね。

*******

こんにちは。金の盾を持つYouTubeコンサルタントの神木翔です。

YouTubeチャンネルの運用で最も大切なことを学ぶのに最良のものは何かをご存知ですか?

YouTubeの真髄が凝縮されているもの、それがYouTubeアルゴリズムです。アルゴリズムの歴史を振り返ると、YouTubeの今を理解することができます。

苦手な方も多いYouTubeアルゴリズムですが、その歴史的展開を簡単に振り返りながら、現在YouTubeが何を重要視しているのかを一緒に理解していきましょう。

答えは視聴者のCXです。どういうことなのか、順をおって解説していきましょう。

*******

2005年−2011年:クリック数と視聴回数の多さ

YouTube創設者のジョード・カリムをご存知でしょうか?YouTubeで一番最初の動画であるとして残されているモノに登場するのがジョードです。動物園で自撮りをしているような超シンプルな動画ですね。興味があればぜひご覧ください。ジョードによると、YouTubeは歌手のジャネット・ジャクソンとジャスティン・ティンバーレイクのスーパーボールの演目動画をクラウドソースするために作られたというのが成り立ちだそうです。

動画をいかに拡散し、多くの人に視聴してもらうか。2005年のYouTube創設から2011年に至るまで、YouTubeアルゴリズムが重視していたのは、最も多くの視聴回数を集めるものはどれか、または視聴者にクリックされているものはどの動画かという点に焦点を当てていました。つまり、YouTubeアルゴリズムが重要視していたのは、最も多くの視聴回数またはクリック数を集めることができた動画を推奨するという働きであったということです。

しかしながら、これは問題含みとなりました。視聴回数やクリックを増大させるために、誤解を招くようなタイトルやサムネイルが乱立するようになったからです。これをクリックベイトの急増と呼びます。YouTube動画によって、視聴者が騙されたり、不満を感じるような事になったり、視聴者の視聴体験が落ちる結果を招いたのです。

*******

2012年−2014年:総再生時間の最適化

クリックベイトの発生を受け、YouTubeは新たな視点からYouTubeアルゴリズムを再編成し始めます。2012年、YouTubeは推奨システムを調整しました。各動画が視聴された時間とYouTubeプラットフォーム全体に貢献した時間に焦点を当てるようになります。これは、視聴者が動画の価値を感じる場合、理論的には動画をより長く視聴する、または最後まで観るという点を重視するという事です。良い動画は自ずと長く見られるし、YouTubeの滞在時間にも貢献するという判断ですね。

これに対するYouTubeクリエイターの反応は、視聴者が最後まで視聴する可能性を高めようとあえて動画の尺を短くしようと試みるもの、逆に全体的な総再生時間を増やすために意図的に動画を長くしようと試みています。YouTubeの見解としては、視聴者が見たいと欲する動画を作成すれば、結果的にアルゴリズムが報いてくれるという見解でした。ここからよく指摘される、「YouTubeアルゴリズムの波に乗る」という言葉が当てはめられるようになりました。

しかしながら、ここでも少し問題点が生じます。視聴に費やした時間が必ずしも質の高い時間というわけではないというのは、多くの方々が経験されているのではないでしょうか?YouTubeの場合も同様に、長く見られているから視聴者の満足度が高いものになったと推論するには、いささか心許ない断定という事になります。

*******

2015年−2016年:視聴者満足の最適化

2015年にYouTubeは視聴者の満足度をしっかりと測定し始めます。これは現在も使用されている、シェア、高評価、低評価など視聴者の意思を示すことのできる指標を優先し始めます。

2016年には、YouTubeは、私のチャンネルで幾度かご紹介してきたいわゆるGoogle論文において、AIの内部動作の一部を説明するホワイトペーパーを公開します。ディープニューラルネットワークを解説したものです。

要するに、YouTubeアルゴリズムは、指標を過去から未来を向かせ、さらにパーソナルな内容に対応するように方向展開します。過去に多くの人が見たことがある動画だけでなく、特定の視聴者層が見たいと思う動画を見つけ出しておすすめするということです。

その結果、2018年のYouTubeの報告によると、YouTubeでの視聴時間の約70%がアルゴリズムが推奨する動画を視聴者が費やすようになったと報告されています。

いわば、私たちの見ているYouTube動画のほとんどは、大きな検索目的がない限り、YouTubeアルゴリズムによって推奨されたものを次々と視聴することで、本当に視聴者としての体験価値(CX)を満たされているという論点が生まれたということです。

*******

2016年以降:ガバナンス統制と「CX」

YouTubeの視聴者数が増加し続け、動画クリエーターの数も増えていきました。さまざまな動画が流布されるようになり、中には危険なコンテンツや社会的な観点から有害な情報が拡散されるようになります。YouTubeアルゴリズムが推奨する動画が、動画クリエーターや広告主、視聴者だけではなく、政府や自治体にとっても深刻な影響を及ぼすことも発生するようになってしまいました。

これを受け、2019年にYouTubeアルゴリズムが変更され、有害・違反コンテンツが削除されるようになりました。コミュニティガイドラインに違反しないことが厳しく見られるようになっていきます。

そして、2021年にはYouTube CEOのスーザンは、2021年のYouTubeの優先事項の一つに、コミュニティガイドラインの透明性を高めることを謳っています。私たちクリエータとして、視聴者のあらゆる満足を得るだけではなく、ガイドラインに即した範囲内においてガバナンスの統制に与しながら、視聴者の体験価値(CX)を高めることが要請されるに至るようになりました。

このCXを満たせるコンテンツを提供できるクリエータ・チャンネルが、YouTubeアルゴリズムの目を通じ選択され、多くの視聴者に届くようになっていく。これが今後のYouTubeアルゴリズムの形として、さらに精緻に組み立てられていくということがわかります。

*******

それではあなたは、どのような内容で、ガバナンス要請に応じながら視聴者の体験価値を高めるコンテンツを発信していきますか?

答えは、あなたの頭の中ではなく、視聴者側に眠っています。視聴者のニーズだけではなく、視聴者がまだ認識できていない心の奥底に眠っているインサイトを捉えることが重要ですね。

そしてそれを然るべき適切な表現で打ち出し、YouTubeアルゴリズムの波に乗せていく。私たちが重要視するのは、顧客体験価値をいかに高めるコンテンツを提供できるかどうか。これが大きくチャンネルの成長に影響してくる時代になりました。

YouTubeアルゴリズムを振り返ると、YouTubeが求める「今」「今後」が見えてきました。ぜひこの「今」をあなたの形に表現してくださいね。

それではまた次の動画でお会いしましょう。神木翔でした。

 

 

▼▼▼

皆さん、こんにちは。神木翔です。現在私は、170万人を超えるYouTubeチャンネルを運営する実績を持ちまして、YouTubeストラテジストとして皆様に役立つと思う情報発信を行なっております。

特に私のようにチャンネルとゼロから立ち上げていこうと思われている初心者の方に有益な情報を発信していきます!

→チャンネル登録お願いします💕

https://www.youtube.com/channel/UCZWihQow9jGz1dlMQo3ZXMg/?sub_confirmation=1

●この動画と一緒に見ていただきたいもの

YouTube動画100本投稿の真実|米国検証論文の結論を公開【YouTube SEO: Reverse Engineering YouTube Search】https://youtu.be/5NQ3A9hGxkg

【YouTubeの始め方】誰でも簡単にチャンネルと動画のコンセプトを作れるようになる「魔法の質問7選」を大公開 https://youtu.be/g1uL6s5oFf4

●超おすすめ動画

YouTubeアルゴリズムはこの7割だけを理解すれば完璧!|Google論文が解き明かすYouTubeアルゴリズム7つの要点

https://youtu.be/XC3Juq3Qgkw

YouTube動画の再生回数が伸びない理由【初心者YouTuberのお悩みをズバッと解決】

https://youtu.be/-WyL58tROr0

ーーーーーーーー

●神木翔の略歴

”心の底から大好きなこと”をYouTubeで発信し、将来的に”ビジネス”や”広告収益”につなげてみませんか?

YouTube歴10年以上・100万人超え登録チャンネル運用者が、夢・希望・未来が叶うYouTubeライフの実現を伴走支援!

”あなたの魂が共鳴する”ビジョン資産型YouTubeチャンネル構築アカデミー

 主宰:神木 翔(かみき・しょう)

運用YouTubeチャンネルを1,700,000人超えの登録者まで育成。

現在はパパYouTuber&コンサルタントとして活動中。

東証一部上場企業ではダイレクトレスポンスマーケティングの受諾運用を10年経験。

公私共にインターネットビジネスの最前線を体験し、

大企業から中小企業、個人事業主のデジタルマーケティングを支援する。

プライベートセミナーの開催はもちろん、

わずか6ヶ月の経験を経て大手有名カルチャースクールにて登壇デビューに至る。

ーーーーーーーーー

▶︎各種メディア

▶︎▶︎▶︎公式HPサイト神木翔@オフィシャルサイト

https://sakakism.com

▶︎▶︎▶︎公式Twitter

https://twitter.com/kamikishow

▶︎▶︎▶︎プロデュースYouTubeチャンネル登録者数1,700,000人突破!

https://www.youtube.com/c/nanokano

#YouTubeアルゴリズム

#YouTube SEO

#神木翔

———————–

関連キーワード&この動画を届けたい人たち

独立,起業, 起業塾 ,開業, 会社員,会社員 女性,仕事 探し,仕事 辞めたい,好きを仕事に ,資格,自宅サロン,サロン経営,女性起業,女性起業家, ママ起業 ,コンサルタント,心理カウンセラー,フリーランス女子 ,セミナー,セミナー 講師,セミナー 福岡,起業塾,女性,営業,自由な生活, 起業女子 ,女性起業家応援,女性起業家 オススメ,サロネーゼ ,おうちサロン, おうち教室 ,主婦,主婦 ジョブ,女社長 ,心理学,心理学 講座,心理学 動画,心理学 本,心理学 資格,心理学 仕事,脳科学,脳科学 本,クロージング,営業心理学,バックエンドセールス,エピソードトーク,反論処理,紹介営業,売れる営業,自分磨き,自分に自信がない,自分を変えたい,やる気が出ない,コミュニケーション能力,プレゼン,企画,商品企画,PR企画,動画企画,YouTube動画企画,YouTubeチャンネル企画,

———————–

関連記事

  1. 【YouTubeアルゴリズム攻略法】再生時間・滞在時間・エンゲー…

  2. 【毎日投稿は効果ある?】YouTube動画の投稿頻度の適切な決め方

  3. YouTubeアルゴリズムの3大機能〜代理人編〜

  4. 【YouTubeアルゴリズムの誤解】視聴回数VS視聴時間|欧米の研…

  5. YouTubeアルゴリズムの変遷|視聴回数、総再生時間、エンゲー…

  6. 再生数の90%は、●●動画から再生される【YouTube動画への流入経…

  7. YouTube動画100本投稿の真実|米国検証論文の結論を公開【You…

  8. 動画クリエーターはYouTubeアルゴリズムをどのように理解して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)