YouTubeのアルゴリズムに合わせて動画を最適化する方法

 

透明性の高いYouTubeアルゴリズム

YouTubeで情報発信を行い始めると、誰もがアルゴリズムについて調べたくなります。Googleにおいてもアルゴリズムの傾向をつかむことで検索順位をコントロールすることができます。実際、これらの独自のアルゴリズムがどのように機能するかを知ることは、閲覧者や視聴者を記事や動画へと引き寄せ、彼らを維持するために不可欠です。 アルゴリズムを解明することは、自らのサイトを最強にさせる強力な手法になりますが、Googleなどのほとんどどの媒体もそのアルゴリズムを秘密裏に扱っています。

しかしながら、世界の動画プラットフォームで最も人気のあるYouTubeは、そのアルゴリズムについて非常に高い透明性を保持しています。YouTubeは2016年に、そのリコメンデーションシステムの概要について説明する調査報告書を公開しています。このようにアルゴリズムの内容が発表されること自体が異例の状況と言えますし、私たち情報発信者にとっては大きなチャンスを得たと言っても過言ではありません。

そこでこの記事では、この調査報告書の内容を平易に概説し、YouTubeアルゴリズムの大枠を理解できるようにします。それによって、皆様がYouTube情報発信で優位ポジションに立つ一助になれればと思います。

 

 

 

YouTubeのアルゴリズムの内容

YouTubeのアルゴリズムは、ユーザーが視聴して楽しむことが最も多いビデオを見つける手助けをします。YouTube動画の視聴者をできるだけ長くYouTubeのプラットフォームに滞在させるように働きかけ、また定期的にサイトにアクセスするように視聴者を誘引しようと試みます。

ユーザーがどの動画やチャンネルを視聴するのが最も適しているかを判断するために、YouTubeは視聴者の行動を「フォロー」します。ユーザーが視聴した各動画に対し、ユーザーがどのように関わりを持ったのかを追跡しているのです。具体的には、各ユーザーがどの動画を視聴しているのか、観たのか観ていないのか、各動画の視聴にはどのくらいの時間が費やされたのか、「いいね」をしたのかどうか、など興味の有無についての視聴者の行動に注目します。YouTubeのアルゴリズムは、視聴回数やクリック数のような指標だけではなく、視聴者がどのように動画の視聴に関与しているのかを重要視するのです。

YouTubeのアルゴリズムは、次の5つのセクションで動画をランク付けして推薦するため、さまざまな指標を活用しています。このことを念頭に置き、YouTubeのアルゴリズムを理解するには、1)検索、2)ホーム&おすすめ動画、3)トレンド、4)購読、の各セクションで、YouTubeのアルゴリズムがどのようにコンテンツをユーザーに配信しようとするのかを掴むとよいのです。

 

1)検索

YouTube動画の検索ランキングに影響を与える2大要因は、「キーワード」と「関連性」です。 YouTubeは、検索で動画をランク付けする際、タイトル、説明、およびコンテンツが、検索者ユーザーの関心度とどの程度で一致しているのかを検証します。また、チャンネルからユーザーが何本の動画を観たか、またその動画と関連する他の動画を視聴した時間の長さも考慮します。

 

2)ホーム&オススメ動画

2人のユーザーがYouTubeで同じオススメ結果を受けることはありません。YouTubeのアルゴリズムは、それぞれの視聴者に最も関連性の高い、パーソナライズされた推奨結果を提供するように機能します。これを行うため、まず、視聴者のアクティブ履歴を分析し、関連性があると思われる数百の動画を関連づけていきます。

次に、それぞれの動画が、類似の関心を示すユーザーをどの程度巻き込んで満足させたか、各チャンネルの動画や同じトピックの他の動画を視聴した頻度、そしてYouTubeが各動画をユーザーに表示した回数に即してランク付けを行います。

YouTubeはまた、ユーザーがさまざまなチャンネルからオススメを受け取る場合、より多くのコンテンツを視聴する傾向があることを理解しているため、オススメの動画やユーザーのホームページを多様化させて表示させることを望みます。

 

3)トレンド

トレンドページは、特定の国のユーザーで人気の高い新しい動画を教えてくれます。トレンドで動画をランク付けする際、YouTubeは人気の指標と目新しさの指標のバランスを取ろうとするため、ランク付けする各動画の視聴数と視聴数の増加率を重視します。

 

4)購読

YouTubeには購読ページがあり、購読しているチャンネルにおいてアップロードされる全動画のお知らせを受け取ることができます。また、YouTubeはそのプラットフォームでのランキングを決定するため、「視聴速度」と呼ばれる指標を使用しています。つまり動画の再生速度が速いほど動画のランクが高くなります。 そして動画をランク付けするときに、アクティブな登録者の数も考慮されます。

 

 

 

YouTubeのアルゴリズムに合わせて動画を最適化する方法

 

1)キーワード

YouTubeでランク付けする際、まず最初に検討すべきことは、人気のある検索キーワードに合わせて動画とチャンネルを最適化することです。これを行うには、動画のタイトル、タグ、説明、字幕、動画ファイル、およびサムネイルに関連性のあるキーワードを埋め込むことが重要になります。

 

2)サムネイル

次に考慮すべきことは、エンゲージメントのために動画とチャンネルを最適化することです。高いエンゲージメントを生み出すには、まずユーザーの注目を引く必要があります。ユーザーの注意を即座に引くための最良の方法は、あなたの動画に関心を持たれるサムネイルを作成することです。サムネイルとは、YouTubeで動画を検索するときにクリックする小さなスナップショット写真のことです。動画のタイトルと同じくらい重要です。脳は印象的な映像に反応するようにプログラムされており、他の動画と比較してあなたの動画を区別するのを助けてくれるのです。

 

3)プレイリスト

そして、特定のトピックに関するプレイリストを作成しましょう。視聴率が最も高い動画からオススメして視聴を始めてもらうこともできるようになります。 これにより、ユーザーがプレイリストのほとんどの動画を視聴する確率が高まり、チャンネルと動画の視聴時間が長くなります。

 

4)分析

最後にYouTubeの分析機能を使って全体的な動画戦略を改善する方法です。視聴時間、平均視聴率、平均視聴時間、視聴者維持率、平均セッション時間などのエンゲージメント指標を使い、あなたの動画パフォーマンスを測定しましょう。どのトピックと動画が最も関心を引いているのかを把握でき、同様の種類のコンテンツの作成に専念することができるならば、YouTubeの検索結果ページとオススメ動画フィードの上位を占拠することができる可能性が高まります。

 

 

まとめ

このように、YouTubeには独自のアルゴリズムがあります。幸運なことにアルゴリズムの内容が発表されており、それに準拠する対策を練ることで、あなたの動画が検索されやすく発見されやすくなります。また、YouTubeはGoogleの傘下にあり、Google検索においてもYouTueの動画コンテンツが重要視されるようになってきています。将来的なことを鑑みても、動画コンテンツが検索結果の上位を占拠することは間違いありません。動画コンテンツを作成しない理由はありませんね。

関連記事

  1. 転落・挫折・リンチを経験した副業会社員がYouTubeコンサルタントに…

  2. 令和時代のYouTube情報発信戦略

  3. 令和のSNS動画マーケティングの中心はYouTube Liveである理…

  4. 【令和版】本業か副業か?新YouTuberキャリア論

  5. 情報発信ツールとしてのYouTube最強説

  6. YouTube動画の種類と動画作成の注意点

  7. YouTube動画の再生回数の伸ばし方【初心者向けYouTube S…

  8. YouTubeアルゴリズムの本質〜YouTubeが動画発信者に求めるこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)