YouTube超初心者は必見!愛される情報発信者になるコツ

 

これからYouTubeに参入しようという超初心者の方に朗報です。

 

YouTubeは自分自身をマーケティングする道具になります。つまり自分ブランディングに用いるのには最強のツールです。しかも下記に説明するように、視聴者がYouTubeに求める価値観も変化しているのです。この最強のツールであるYouTubeこそ、新規参入者の方に最高のチャンスがあるのです!

 

かつてYouTube攻略のゴールデンルールは、たった1つだけでした。YouTubeの動画投稿数のボリュームで勝つという量の勝負です。このことは YouTubeユーザー、ソーシャルセレブ、成功したビデオチャーター、ブランドを調査してみるとすぐに理解することができます。YouTube動画の視聴数が増えるにつれてチャンネル登録者が増加してきた歴史が紐解けます。

 

しかし、時代の変遷に伴い数多くの動画が乱立するようになり、この景色は一変しました。ボリューム戦術から新しい戦術への変容を私たちに求めるようになったのです。というのも、視聴者が求める高いレベルの内容を公開し続けなければ、視聴回数の増加を期待することができなくなったからです。他者とは異なる完璧な質の高いコンテンツでなければ視聴されなくなりました。視聴者の心をつかむのは、「量」から「質」へと移り変わったのですができない時代になりました。

 

だからといってあなたが悲観する必要はありません。このような状況だからこそ、逆に新しい攻略法が見いだせるのです。まして、これからYouTubeを始めようという超初心者の方にも十分に参入のチャンスがあるのです。なぜかというと、数多くのネットビジネス指導者がいまだに「量」の論理に基づいた指導を行い、中身の薄い動画をアップし続けれるように受講者に仕向けているからです。視聴者は「質」を求めるようになっているにもかかわらず・・・。

 

質とはビデオの画質やサウンドのクオリティのことではありません。あなたが何を語るのかという内容についての質のことを指します。巷に溢れている答えを示すのでは違いを産めません。あなただけの、あなたにしか語れない、視聴者の度肝を抜く解答やノウハウを提供するのです。例えば動画のタイトルが、「フリーターのススメ」、「洗脳こそが出世の近道だ」、「話術は詐欺商材に学ぼう」などのものであれば、あなたの心に訴える「?」の感覚は、動画を再生させてみようという欲求をを生じさせないだろうか?

 

さてこのような「違い」をタイトルにつける。これならすぐに対応することができるでしょう。超初心者であろうとなかろうと、あとは発想力という非常に簡単な入り口です。しかしながら、とてもタイトルだけを奇抜なものにすればよというものではありません。あくまでタイトルに即した動画の中身の「質」の方がより重要だからです。タイトルの「質」は抜群だけど中身が伴わなければ、途中で動画が再生されるのがやめられてしまいます。

とはいえ、超超超初心者の方にも大逆転のチャンスがあります。地味な作業となりますが、土台を固めることが結果ていに有効な作業になります。 YouTubeのマーケティング戦略を大幅に改善するためにできること、たった5つのことを頑張ってみましょう。これら5つの要点を考慮に入れて実践しておくだけど、あなたの発信する「違い」は極めて強力なメッセージとなり、視聴者の心を鷲掴みにすると思います。

 

1.あなたのキャラを作り出す

コンテンツマーケティングの最も過小評価されている側面の1つは、市場状況をしっかりと把握することです。 あなた自身のコンテンツを公開する前に、あなたのキャラが「違い」を産もうとしているマーケットで、誰がプレイしているのか、そして彼らが成功しているのかどうか、競合を見てみましょう。あなたが競合をよく理解することができ、競合がどのようなコンテンツを出しているのかを理解しましょう。それらの内容と異なり。あなたのキャラクターが違っているのであれば勝ったも同然です。

 

 

2.あなたのメッセージが刺さるコンテンツ領域を探る

次に重要なのが、あなたのキャラクターの違いを際立たせることができる分野の選定です。YouTubeのマーケティングは、リーダーシップ、エンタテイメント、またはある種の価値を提供するものです。どの分野の大きなバケツに対し、あなたは突き刺さるコンテンツを提供すべきでしょうか。あなたは大量のコンテンツを量産することができると感じる大きなバケツの中に、数少ない質の高い違いのあるメッセージを発信するための、領域を選ぶ段階にたどり着きました。

たとえば、あなたが石けん会社であり、YouTubeを使ってより多くの石鹸を売りたいとします。石鹸がなぜ重要であるかを人々に教えたいと思うかもしれません。その場合、1つの「バケツ」が教育になります。もう1つの「バケツ」は石鹸のレビューとなります。市場で最高の石鹸をレビューし、人々を購入してくれる導線にうまく誘導するコンテンツ作りが必要とされます。

 

 

3.コンテンツにあったキャラクターになり切る

一貫性がない場合は、決して忠実な視聴者を構築することはありません。コンテンツにあった独自のキャラクターになりきり、メッセージを発信して行きましょう。例えば、毒舌キャラなのか、まろやかキャラなのか、おっちょこちょいキャラなのか、ご自身にあったキャラクターがあると思います。キャラがたてばたつほど、ニッチ狙いの戦術なのではないかという疑問が生じるでしょうが、それは愚問です。視聴者は中身もキャラも違いを生み出してくれる一貫性のある主人公を求めています。キャラクターに迷走すればするほど、あなたの視聴率もまた永遠に迷走し続けれると思います。

 

 

4.あなたのビデオに必要な字幕を追加する

FacebookやYouTubeがビデオアップロード機能に統合された最新のツールの1つにを利用しましょう。つまり字幕を追加する機能のことです。これは視覚と聴覚に訴える最強の手法となります。はじめは凝った演出をする必要はないです。ポイントになる言葉や専門用が視聴者に伝わるように、そっと字幕として掲載してあげるといった感じです。

 

 

5.印象に残る名言で読者の心を奪いとる

あなたが最も訴えたいキラーワードが画面に表示されるようにしましょう。キーワードが発せられるシーンにその言葉を必ず表示させます。まるで自分の名言のようにしっかりと表示させることで、動画の雰囲気そのまま視聴者に伝わっていくことになります。しかも、そのキラーワードこそが視聴者に突き刺さるあなたのキャラクターを代表する言葉となり、脳裏に焼きつくのです。

 

 

補足

さて最後にちょっとした補足があります。ブログにせよ動画にせよ、私たちが一番苦手としているのが、一貫性のある仕事内容です。ニュースというのは適切なタイミングで適切な人に届かなければ、伝わることは一生ありません。定期的にコンテンツを公開すると、視聴者と一緒にリズムを作ります。ファンになってくれた方々は、いつあなたのコンテンツを探すのかをベストなのかを知っており、毎週、毎日、時には時間ごとにチャンネルをチェックする習慣を作り始めます。あなたが最終的に構築すべきは、このリズムです。視聴者が帰ってくる回数が増えるほど、より良い関係性を築けるものになります。

 

関連記事

  1. 趣味が大化けしたYouTube課金術

  2. 人気YouTuberから学んだYouTubeの再生回数を上げる6つの方…

  3. 【実証済】YouTubeのSEO対策のコツ9選

  4. 情報発信ツールとしてのYouTube最強説

  5. YouTubeパーナープログラムが与えた影響

  6. YouTubeチャンネル登録者数32,000人突破!!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。