Facebookで記事を拡散する非公表の丸秘テクニック

Facebookで記事を拡散する非公表のテクニック

 

 

こんにちは、神木翔です。

 

たくさんの方が、Facebookなどのソーシャルメディアを使って情報の拡散に努められています。僕ももちろんその一人です。ブログで記事を書いたもの、日常の面白いシーン、記憶に残すべき風景など、Facebook投稿で皆様に共有しようとしています。たくさんの「いいね」がもらえることは、情報の受け取り手から共感が得られたのだなと嬉しくなりますよね。反応がある=共感が得られるということが、更新し続ける動機付けになっていると思います。

 

だけども、ふと疑問に思ったことがあります。

 

情報が拡散されることの背景には、どのような理屈があるのだろうか?

 

というのも、Facebookでたくさんの友達がいる場合、なかなか見かけない方の投稿があったり、逆に最近よく見かけるなこの人という場合もあります。そして必ずしも最新の記事が一番上に掲載されているようにも思われません。もしかしてランダムに表示されているではないかと思わされる感じもしますよね。

 

 

Facebookの情報の拡散方法には何かメカニズムがないのでしょうか?

 

情報発信者として秘密や理屈がなければかなり厄介です。インターネットビジネスにおいては、相手に情報がきちんと伝わるかどうか、つまり対象とすべき人に伝えるべき情報がきちんと認知してもらえるかどうかは生命線だからです。せっかく作成した記事が相手に見てもらえないというのは全く意味がありません。情報は伝わらなければ無いに等しい。無価値なのです。だとすれば、情報を拡散する方法をしっかりと押さえておくことに損はありません。

 

 

Facebookで投稿した記事を拡散させるには、ちょっとしたコツがあるんです。

 

このコツは様々な人たちの経験値に基づいたテクニックであり、非公表のものになります。統計的に算出された傾向値と理解していただければと思います。Facebookの達人たちが密かに使っていることからも、有力な手法だと言えます。

 

 

それでは有力な人たちがこっそりと使用しているテクニックを大公開しちゃいましょう。

 

1)Facebookの記事をアップロードしてから3時間が勝負

2)「いいね」「コメント」「シェア」の獲得方法

3)文字の使い方

 

 

1)Facebookの記事をアップロードしてから3時間が勝負

Facebookの記事をアップロードし終え、その後いかに短時間でリーチを多く得るのかというのが勝敗を分ける点になります。アップロード後の3時間が勝負なのです。この3時間の間にいかに「いいね」「コメント」「シェア」を数多く獲得できるかという結果次第で、Facebookのアルゴリズム側で記事の価値を高く評価してくれ、記事の拡散を高めてくれるのです。最初の3時間でできるだけ「いいね」「コメント」「シェア」を獲得できればその後の拡散度合いが全然変わっていくということを意味します。

 

 

2)「いいね」「コメント」「シェア」の獲得方法

どのようにしたら、「いいね」「コメント」「シェア」を数多く獲得することができるのでしょうか?答えはFacebookの反応が良い時間帯に記事をアップロードすることです。すぐに思いつくのは12時といったランチタイムでしょう。しかしながら、ある有益な調査結果からすると、この時間は反応が悪いのです。12時というのは確かにFacebookの使用率は高いかもしれませんが、「いいね」をつけるなどの反応率で見ると結果は平均以下と指摘されます。ではどの時間が良いのかというと、7時、11時、17時が反応率という点からは最適なのです。Facebookの記事は毎日の積み重ねであると考えると、反応率のちょっとした差が後々の結果に大きな違いをもたらすことになります。

 

 

3)文字の使い方

Facebookの記事を書かれる際に、文字の種類に意識されている方は少ないと思います。文字の種類と言いますと、ひらがな、漢字、カタカナ、英数字の使い分けです。実はひらがなと漢字の使い分け方にも、反応率を高めるコツがあるんです。結論から言いますと、記事の中で漢字よりもひらがなの割合を高めれば高めるほど反応率が上がるのです。具体的には、文中のひらがなの割合が50%以上の場合は反応率が2倍になり、60〜70%の場合は反応率が4倍になるという傾向があります。漢字よりもひらがなを多用する記事の方が良い結果を導くことができるということになりますね。これはSNSに親しみやすさが必要とされているという証左です。ひらがなばかりの文章は逆に読みにくくなるため、バランスよく使い分けてくださね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

適切な時間にアップロードを行い、一定の時間内に数多くの反応を得る。こうすることでFacebook側が拡散の量を増やしてくれるようになります。そして記事は漢字よりもひらがなの割合を多くする。

情報勝者の方は、意図的にこれらの手法を用い、情報をコントロールされています。こうした情報は知っているか知っていないかで勝負が決まります。皆様はここで知った以上、早速今日から実践されてくださいね。インターネットビジネスの世界は、塵も積もれば山となる、大化けするティッピングポイントは必ず到来します。

関連記事

  1. Facebookの外部リンク削除問題

  2. 中国政府発表!ブロックチェーン評価指数

  3. 300年超の歴史のあるリストマーケティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。