最後のICO?RADIANラディアンのホワイトペーパーに迫る!

 

最後のICO? RADIANラディアンのホワイトペーパーに迫る!

 

 

こんにちは。レジェンドキャリア・プロデューサーの神木翔です。

 

このブログ記事では、

最後のICO?として今注目されているRADIANラディアンの謎

に迫ってみようと思います。

 

 

この案件はここ数日、あの蝶乃舞氏が推すICOプライベート案件として話題をさらっています。

 

しかし、情報に乏しくかなりの謎ばかりです。

 

せいぜいCoinCircle社が扱う「証券型コイン」として紹介されているくらいでした。インターネット上の情報を当たってみても、CoinCircle社のサイトの中にRADIANが存在している程度しか見て取れませんでした。

 

ICOの判断基準は、

1)ホワイトペーパー

2)コミュニティの状況

を判断することが基本ですね。

 

 

しかしながらRADIANには1)も2)も見当たらないという・・・。

 

 

だが、なんとこの段階でホワイトペーパーの一部を入手できました。

 

 

RADIANがその特徴から仮想通貨市場の今後を揺るがす案件にもなろうかと言われています。

 

 

ということで、慎重にRADIANのホワイトペーパーの中身に迫って行きましょう。

 

ただし、入手できたホワイトペーパーは全部でまだA4用紙2ページの要約のものしかありません。また、あくまででも個人的な翻訳という位置付けであること、誤読がある可能性も否定できないことをご理解ください。

 

それでは全訳で貼りませんが、重要な部分を翻訳いたしましたのでご覧ください。

 

 

・この世にこれと同じトークンは本当に存在しない。それはいくつかのコインの成長していく集合体である。

 

・CoinCircle社はトークンを行うべく設立された企業のためのプラットフォームに終止符を打つための目的で存在している。RADIANは、CoinCircle社のプラットフォームにおいて取引または分散されたユーティリティトークンの利益を、継続的に集めるためのひとつのトークンである。

 

・RADIANはCoinCircle社のプラットフォームのためのメンバーシップトークンであり、所有者にはプラットフォームへの排他的なアクセス権を与えます。

 

・RADIANトークンを保有することで、CoinCircle社のプラットフォーム内で立ち上げられたユーティリティトークンのすべてに効率的に参加することができるようになります。RADIANのスマートコントラクトは、CoinCircle社のプラットフォームを通して発生するユーティリティトークンの利益の一部を集めます。

 

・このことは、究極的に、CoinCircle社のプラットフォームが大部分のユーリティティトークンの集合体になることを意味します。

 

・RADIANトークンの流通を通じた断片的な取引を結集させることで、またCoinCircle社が発行するトークンの大部分を集積させることで、RADIANは真の唯一無二のメンバーシップトークンとなります。

 

 

以上が入手したホワイトペーパーから抜き取った概要です。

 

 

 

これに加えて、蝶乃舞氏が説明されたRADIANの内容をみてみましょう。

 

VOYとの交換価値がある

VOYはすでにICOが終了している案件で、上場を待つだけのコインです。ブロックチェーン技術を利用してパスポートを無くし、ボーダレスな海外旅行を実現させようという世界を目指しています。すでに、アメリカン航空・デルタ航空・ユナイテッド航空・ルフトハンザ航空・プリティッシュ航空・バージン航空などが参加しているようだ。

 

UKGとの交換価値がある

UKGはすでにビットレックスやクリプトスにも上場しているコイン。eスポーツでは有名なユニコーン社が開発し、eスポーツ1000億円以上という市場で、価値が上昇する可能性を秘めていると言われているコインです。

 

ORCHIDとの交換価値がある

ORCHIDはイーサリアムを超えるコインとも称され、有名ベンチャーキャピタルが投資したことで有名なコインです。

 

 

いかがでしょうか?・・・

 

上記の図のように、様々なコインや機能を結集させることで、規模のメリットとリスクの分散が可能になる。ユーティリティコインであれば通常1対1の関係となり、投資先のトークンが失敗に終われば価値がゼロになるが、RADIANのような結集型のコインであれば1対Nの関係を持つことが可能となり、損益の穴埋めも可能になるという構図だ。企業株のホールディングス化をイメージすると理解しやすいのかもしれない。CoinCircle社いわく、この唯一無二の構想をいただくICOトークンが成功するかどうか、しっかりと見極めて行きたいですね。

 

とはいえ、理念は先行すれども、ホワイトペーパーもこのレベルでロードマップは不明瞭、ホームページはあるもののコミュニティは皆無。このような状況では判断基準が欠如しています。

 

したがって、皆様はどのように判断すべきかお分かりになられると思います。投資は自己責任が原則。プラスに転じようともマイナスに転じようとも、何事にも絶対はありえません。これだけの情報で見極めるのは相当に厳しいとしか言いようがありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。